スイスポニュース

スイフトスポーツのまとめのまとめ

トヨタの新型『スープラ』 BMWが生産 2Lターボor3Lターボ+HVの2グレード トランスミッションはDCT

time 2016/07/13



トヨタの新型『スープラ』 BMWが生産 2Lターボor3Lターボ+HVの2グレード トランスミッションはDCT

1: 2016/07/11(月) 19:31:23.86 ID:aezi4mPo0

東京モーターショー17、もしくは翌年1月のデトロイトショー18でワールドプレミアされ、
同年秋頃の発売が予想されている新型スープラ。

海外でも同車に関する報道が増えつつあるなか、
イギリスの自動車メディア「Auto EXPRESS」が興味深い情報を伝えています。

これまでにもお伝えして来たとおり、新型スープラはデザインこそトヨタ・オリジナルですが、
スポーツカーとして肝となるパワーユニットに加えてプラットフォームも「Z4」の後継となる
「Z5」と共通化され、生産もBMWが担当するようです。

BMW製2.0L直4ターボエンジン(2種類)と3.0L直6ターボエンジンが搭載され、
後者にはトヨタのハイブリッド・システムが組み合わされるとの予想。

同メディアでは、そのハイブリッド・システムについて詳しく伝えており、
ルマン24Hレースで戦う「トヨタ TS050ハイブリッド」の技術を採り入れる可能性があるとしています。

具体的には、BMW製ガソリンエンジンで後輪を駆動、車両前後に搭載したトヨタ製モーターの出力を
全輪に伝えるハイブリッド・システムを採用しているとのこと。

米国のZEV規制対応に伴って充電可能な「PHV」仕様とし、
減速時の回生電力を利用してリチウムイオンバッテリーを充電する構造。

トランスミッションについても、ハイブリッド車用のCVTではなく、スピーディなシフトを可能にする
トヨタ初の「DCT」(デュアルクラッチトランスミッション)が採用されるとしています。

さらに、BMWの軽量化技術により車重を1,400kg以下に抑えており、Z5共々軽量化が図られているそうなので、
その「走り」には相当期待できそう。

新型「スープラ」のワールドプレミアが今から大いに待たれます。
no title

no title

no title

http://clicccar.com/2016/07/11/385052/

スポンサーリンク




続きを読む

sponsored link

スイフト好きな方、よろしゅうです!!

↓↓これまじやばいっす↓↓

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

特集

スイフトスポーツ関係の話題をまとめます。ブログリンクOKな方は是非お知らせください。



sponsored link

↓↓もうワックス買わないかも↓↓

アンケートモニター登録
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス