スイスポニュース

スイフトスポーツのまとめのまとめ

ポルシェのフラグシップモデル ポルシェ911 タイプ930

time 2019/03/20




この記事は私がまとめました

makaizouさん

当初より米国の連邦自動車安全基準 のバンパー強度規定Std215に従った5マイルバンパーが装着された。

930型は本来ターボモデルを指すものであり、「ビッグバンパー」であってもNAモデルは1977年モデルまで901型のままである。
1978年にはNAモデルも930型となった。
ボディの種類はクーペと脱着式のルーフをもつタルガの2種類。
トランスミッションは当初915型と呼ばれるポルシェ内製トランスミッション(ポルシェシンクロ)を採用した。

Hシリーズ

911ターボ(1975年発売、1976年日本発売)
1973年フランクフルトモーターショーで「911ターボ」試作車が展示され、280 PSで最高速度280 km/hとアナウンスされていた。
1974年パリサロンに「930ターボ」試作車が展示された。
生産車は内径φ95 mm×行程70.4 mmで2,994 cc、圧縮比6.5の930/50型エンジンを搭載、ボッシュKEジェトロニックとブースト圧0.8気圧のKKK製ターボチャージャーで260 PS/5,500 rpm、35.0 kgm/4,500 rpm。
日本仕様は昭和50年(1975年)規制に適合するため等で245 PS/5,500 rpm、35.0 kgm/4,000 rpm。
大パワーに対応するタイヤを納めるべくフェンダーを備え全幅は1,775 mmまで拡げられた。1978年モデルからはカタログ上の名称が、「ターボ」(1978年)、「930ターボ」(1979年)、「911ターボ」(1980年)と変遷しているが、特別大きな変更はない。
豪華な内装をもつ高性能スポーツカーとして高価格ながら販売は好調であった。
トランスミッションは当初4速MT930型であり、ポルシェは「ありあまるパワーには4速で充分」と説明したが、「ポルシェシンクロトランスミッションの許容量がターボのトルクとパワーに耐え切れず、やむなく4速にした」というのが通説。
クラッチ径はφ240 mm。

Iシリーズ

1975年8月から生産された。
サイドミラーが電動式となった。
1976年から全車種溶融亜鉛めっきで防錆処理された鋼板を採用し、ボディの耐久性が大幅に向上した。

Kシリーズ

1977年7月まで生産された。

911ターボ
前が7J16inホイールに205/55VR16タイヤでトレッド1,438 mm、後が8J16inホイールに225/50VR16タイヤでトレッド1,511 mm。

Lシリーズ

1977年8月から生産された。

911ターボ
内径φ97 mm×行程74.4 mm、排気量3,299 ccに拡大され、圧縮比7.0で300 PS/5,500 rpm、42.0 kgm/4,000 rpm。新たに空冷式インタークーラーを装備した。
エンジン取り付け位置が30 mm後退し、これに伴いリアタイヤの指定空気圧が上げられた。
アメリカ向けと日本向けはサーマルリアクターと低オクタンガソリン対応のため265 PSに抑えられている。

1978年モデル

901型のままだったノンターボ車が930型に移行した。
この年新潟県警察にパトロールカーとして配備され、その後20年近く活躍したことが知られている。

911SC(1978年発売)
従来の911Sに当たる。内径φ95 mm×行程70.4 mmの2,994 cc、930/17型エンジン。
ボッシュのKジェトロニック、圧縮比8.5、180 PS/5,500 rpm、27.0 kgm/4,000 rpm。

911SCS(1978年発売)
従来の911カレラに当たる。

911ターボ

1979年モデル

911SC
911ターボ

1980年モデル

911SC
911ターボ

1981年モデル

日本でターボモデルの輸入が一時途絶えた。
911SC

1982年モデル

1983年モデル

ポルシェ・356で人気のあったオープンモデルであるカブリオレが復活した。
911SC

1984年モデル

1984年フランクフルトモーターショーで「カレラ」の名称が復活した。

911カレラ
内径φ95 mm×行程74.4 mm、圧縮比10.3、排気量3,164 ccエンジン。225 PS/5,900 rpm、27.3 kgm/4,800 rpm。
フラップ式エアフロメーターのボッシュLジェトロニックを採用した。
馬力も1973年のカレラRSを超えたことから、かつてレーシングモデルにのみ与えられていたカレラの名称は以降ノンターボモデルの名称として使用されるようになった。

1985年モデル

フロアパンとバルクヘッドの板厚が0.75 mmから1 mmにアップし、剛性が向上した。
ターボの日本輸入が再開された。
911カレラ
911ターボ

1986年モデル

911カレラ

911ターボ
ボッシュKジェトロニック。
ターボはKKK製。
内径φ97 mm×行程74.0 mm、3,287 cc、288 PS/5,300 rpm、38.9 kgm/4,250 rpm。

sponsored link

スイフト好きな方、よろしゅうです!!

↓↓これまじやばいっす↓↓

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

特集

スイフトスポーツ関係の話題をまとめます。ブログリンクOKな方は是非お知らせください。



sponsored link

↓↓もうワックス買わないかも↓↓

アンケートモニター登録
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス